Home » 実績 » ユーディット関連書籍 » 情報社会のユニバーサルデザイン

情報社会のユニバーサルデザイン (放送大学教材)

放送大学教授の広瀬洋子先生と、弊社の関根千佳が主任講師として担当している、放送大学の講義「情報社会のユニバーサルデザイン」の教科書です。2014年の初版ののち、2019年3月に改訂されました。

東京大学の近藤武夫先生や、弊社の榊原直樹も担当講師として出演しております。

放送大学を受講されていない方でも購入できますので、BSのTV講義と合わせてご参照ください。

  • 広瀬 洋子(著)
  • 関根 千佳(著)
  • 単行本: 283ページ
  • 出版社: 放送大学教育振興会 (2019/03)
  • ISBN-13: 978-4595319594
  • 価格: 3,240円
  • Amazon等でご購入頂けます。

目次

  1. 情報社会のユニバーサルデザイン
  2. ユニバーサルデザインを支える概念
  3. ユニバーサルデザインのまちづくり・ものづくり
  4. サービスと情報提示のユニバーサルデザイン
  5. ユニバーサルデザインに関する条約・法律・標準
  6. 人々の多様性1(障害者・LGBT)
  7. 人々の多様性2(高齢者・外国人など)
  8. ICTのアクセシビリティ
  9. コンテンツのアクセシビリティ
  10. 教育のユニバーサルデザインと合理的配慮
  11. 進みゆく高等教育におけるユニバーサルデザイン
  12. 遠隔高等教育の授業と教材のアクセシビリティ
  13. 放送と通信のアクセシビリティ
  14. 雇用におけるユニバーサルデザイン
  15. ユニバーサルデザインの未来